おしゃべり階段

“悩んで、悩んで、ある日悩む事が、無駄ではないことを知り、いつかテキストになるであろう今を大事にしたいと思う日も来る”大好きだった少女マンガ”『おしゃべり階段』のラスト。大人になっても心に響きます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

夫婦の形は様々

夫婦の形って10組いれば10通り100組いれば100通り、どれとして同じものはきっと無いのかも…
ふとそんな事を考える。
父と母を見ているとそんな風に思える。

娘としての理想を今まで虚像として記憶の中に刷り込んできたのかもしれない。
現実は見ない様にして、良い所ばかりを誇張していたにすぎないのかも…

きのう、いつになく激しい言い争いをしていた。
これはまずいかな!と思い一階へ…
理由は、いつもながら母の余計な事に父が激怒していた。
(母にとっては当たり前の事をしているだけだが、、父には奇行としか思えない。)
二人の間に割って入った私。

どうしたの、じいちゃん落ち着いて!

ばーさんが、どうしょうもないんだ!何度言っても変な事ばっかりして!狂ってるんだ


しょうが無いじゃない、ばーちゃんだってなりたくてなった訳じゃないんだから…

わざとやってるんだ

父と私のやり取りを見ていた母が
もういい加減にして!○○は黙っていなさい
○○は、私の名前。

いやいや、あなた達の事で仲裁してるんですけど…

結局、私が悪物になり丸く収まり私は退散。

二人は、溜まったうっぷんを大声を出して晴らしていただけだったのだ。
娘にしてはケンカでも本人たちは、お互い解っての事のようだ。
余計な事をしたようだ。

実際、今私が見ている両親がきっと現実なんだ。
娘から見ておかしいと思う事でも、二人にしてみればごく当たり前の事なんだ。

認める事からはじめてみよう。
これが、二人の夫婦の形なのだと。


やっと、そう思えるようになってきた娘です。

☆退散後談
階段下からばーちゃんがぶつぶつ
まったくあのくそじじぃ!
父の見えない所でぼそっと言っていたのを娘は聞き逃さなかった

スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

のっちゃそ

Author:のっちゃそ
☆実母75歳 アルツハイマー症を発症して5年
       2010・7・12前頭側頭型認知症
       (ピック病)と診断される。
 実父79歳 認知症予備軍で頑固親父
 同居 8年目
☆家族の事(娘、夫)
☆黒柴ゴン太♂11歳の記録
  平成11年3月5日 新潟県生まれ
  登録名 阿賀の黒鷹号(11-8160号)

てんこ盛りな毎日を綴っていきたいと思います♪
辛口コメント大歓迎(^^)v

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

FC2カウンター

いらっしゃいませ!

訪問ありがとうございます! また、来て下さいね。

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。